もっと「読まれる・稼げる」ブログを作るための考え方とライティング

どうせブログを書くのなら、もっと読まれたいですよね、もっと稼ぎたいですよね

僕もそうです。そのために今、本を読んだり他の人のブログを見たりして、めちゃめちゃ勉強しています

そこで今回は、僕が読んだ本の中から、「これだ!」と思った物だけを厳選してお届けします

 

スポンサーリンク

もっと読まれるブログの作り方

考え方編

情報を伝えるターゲットが明確化されている

☞言葉を伝えたいターゲットが明確であればあるほど、言葉は強く刺さります

言葉が強く刺さった読者は、あなたのブログをしっかり読んでくれることになるでしょう

 

絞ったターゲット層に一定数の人がいる

☞ターゲットを絞れば絞るほど言葉が与える力は強まりますが、その代わり絞れば絞るほど対象の数が減ることになります

よりたくさんの人に読まれたいのであれば、伝えたい対象をどこまで広げるかも考えましょう

 

ターゲットにとって価値がある情報を伝えている

☞どれだけタイトル⇒アイキャッチ画像で釣ったとしても、読者が欲しい情報を提供できなければむしろ逆効果となります

「このタイトル・キーワードで読みに来る読者は、どんな情報を求めているのだろう」と考えることが重要です

 

他の情報源からは入手できない情報が入っている

☞ノウハウ系の記事は、間違いなく情報のニーズがありますが、逆に言うと書く人は大勢いるわけです

どうしても伝える情報は被ることになるので、競争となってしまい、読まれにくくなります

あなた独自の目線から、他の人には提供できない価値を提供することが重要です

 

参考にした本☞最強のコピーライティングバイブル

 

ライティングスキル編

基本的に長い文章は読みたくないことを理解する

☞自分が読者になったときのことを考えればお分かりかと思いますが、基本的に読者は長文を嫌います

伝えたい内容をどれだけコンパクトに伝えられるかを意識しましょう

 

1文目に短く強いコトバを入れる

☞ネット記事などを見る際、1文目を見て自分が思っていた書き出しと違う内容が来たら、途中で読むのを辞めてしまいませんか?

それは、あなたのブログ読者でも同じです。1文目でしっかりと読者の心をつかみましょう

 

文章の最後に1文目で使った強いコトバを使う

☞1文目で印象的な掴みを入れたのなら、最後の文にも同じ言葉を入れるとより印象的になります

読み終わった後に、読者にスッキリしてもらえるような文章を書けば、今後も定期的にブログを見に来てくれるようになるでしょう

 

強いコトバを強調してタイトルをつくる

☞あなたが記事で最も伝えたいことを強調して、タイトルにしてしまいます

こうすることで、読者はどうしても内容が気になってしまい、読み進めることになります

 

参考にした本☞伝え方が9割

 

強いコトバをつくる5つの技術

サプライズ法

☞実は!こんなことを言っても信じられないかもしれませんが、、、

 

 

 

 

何もありません

 

「実は!」とか「信じられないかもしれませんが」というサプライズワードを用いることで、読者はこの後何が書いてあるんだろうと気になってしまいます

実際、気になったでしょ?

 

ギャップ法

☞スタート地点を下げることで、自分が伝えたい内容を印象付けることができます

作り方は、自分が伝えたいことの直前に、反対の内容の言葉を入れるという感じです

「嫌いになりたいのに、あなたが好き」

「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ」

 

赤裸々法

☞体の反応を伝えることで、よりリアルな感情を届けることができます

顔が赤くなるほど・・・

頭の中が真っ白に・・・

 

リピート法

☞言葉を繰り返すことで、読者の記憶に刷り込みます

人間は何度も目にしたり耳にしたもののことを重要と判断するようにできています

その特性を活かしたライティングですね

 

クライマックス法

☞クライマックスワードで文章に集中させる

ここだけの話ですが、~

一言だけつけくわえますと、~

こんな風に言われたら、その先が気になってしまうのは当然ですよね

 

参考にした本☞伝え方が9割

 

もっと稼げるブログの作り方

稼ぐためには、読者に行動してもらう必要があるわけです

なぜならお金は人の動きがあるところにしか流れないからです

稼げるブログを作るためには、読者に行動を促すことが必要不可欠となります

 

考え方編

人間の学習スタイルは4つに分類される

「なぜ」タイプ

学ぶための刺激を伝えることで、学びを促進します

「~~という理由があるから、これを学ぶ必要があるんですよ」と教育することで、あなたが望む行動をとってもらえるようになります

※望む行動とは、あなたの商品を購入してもらうことや、紹介したサービスに登録してもらうことを指します

 

「なに」タイプ

☞ものごとを鳥観図のように捉えさせ、学びの過程を楽しませます

学びのステップアップの途中に、あなたの商品やアフィリエイト商品を紹介することで、収益に繋げましょう

 

「どうやって」タイプ

☞プロセスを各ステップに分解することで、とるべき行動を読者に伝えます

「どうやってタイプ」の読者は、あなたの提案を受け入れる必要性を感じていても、具体的にどのような行動を取ればいいのか分からないため、行動に移せません

そこで、行動を細かなステップに刻み、具体的な行動へとつなげてあげる必要があるのです

 

「どうする」タイプ

☞すぐに実践できる行動ステップを伝えて、小さなステップを促します

「どうするタイプ」の読者は、とにかく行動を取ってみて、あなたの提案が自分に合っているかを確認します

ある意味、行動までのハードルが低いわけです。

そのため、今すぐにできる小さなステップを提案し、あなたの提案が正しいことを証明しましょう

 

参考にした本☞あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法

 

 

読者が求める「特定の悩み」への対策だけを書く

書けるだけ書けばいいわけではない

ブログを始めたばかりの頃は、とにかく字数を多くした方が良いと思いがちですが、中身がない文字をどれだけ積み重ねても意味はありません

りんごの値段を知りたい人に対して、バナナの値段やミカンの値段を教えても、情報が多すぎて混乱してしまうだけですよね

シンプルに書いて、読みやすくしましょう

 

顧客(読者)の立場に立ち、顧客が本当に必要としている物を提供する

リンゴの値段が知りたい人に対して最低限やるべきなのは、現在のリンゴの値段を教えることです

しかしリンゴの値段を調べている人が本当に知りたいのは、「リンゴが一番安い時期」であったり「リンゴを一番安く販売しているスーパー」なのかもしれません

読者が自分でも気づいていない情報のニーズに応えてくれるブログに出会ったら、間違いなくファンになってくれるでしょう

 

参考にした本☞あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法

なぜ無料なの?

この本は期間限定で無料入手(送料は550円)できるマーケティングの本です。

無料なのに、稼ぐために何をすべきかという情報が山盛りです。

この本が無料なのは、一部の本を広告代わりにして、高収益なセミナーなどで回収しているからです

本の内容自体は本当に有益な情報が多いので、セミナーの勧誘情報などを無視(ブロック)してしまえばメリットしかありません

 

ライティングスキル編

行動してもらうために、提案と相手のメリットを一致させる

 

相手の好きなことをセットに

☞「〇〇をすれば、望むような結果が手に入ります」という目に見えるメリットを提供しましょう

デート行かない?☞✖

この前君が食べたいって言ってたイタリアンの予約が取れたんだけど、一緒に行かない?☞〇

 

相手が嫌いなことを対極に置く

△△をしてしまうと、読者にとって嫌な結果になってしまうと伝えましょう

敷地内に入らないでください☞✖

猛犬がいるので、敷地内には入らないでください☞〇

 

Yes①とYes②で選択させる

そもそも行動しないという選択肢がないと思わせましょう

デート行きませんか?☞✖

今度ご飯食べに行きたいんですけど、肉か魚だったらどっちが好きですか?☞〇

 

認められたい欲をくすぐる

☞相手に「あなたが提案した行動」を実行する能力があることを事前に認めてしまい、やらなきゃガッカリされてしまうと思わせましょう

~~やってくださいね☞✖

あなたならもう既に取り組んでいるでしょうが、~~やっといてくださいね☞〇

 

「あなた限定」で心を満たす

読者1人1人を特別扱いし、行動へとつなげる

これを買ってください☞✖

この商品はあなた限定で提供します☞〇

 

チームワーク化する

☞面倒なことでも、一緒に取り組むことで行動を促すことができます

~~やっといてね☞✖

~~やってね。僕も~~やるから☞〇

 

感謝をして断られにくくする

☞前もって感謝をすることで、断ることのハードルを高めましょう

トイレを綺麗に使ってください☞✖

トイレを綺麗に使っていただき、ありがとうございます☞〇

参照;伝え方が9割

コンビニのトイレを借りた時に、「いつもきれいに使っていただきありがとうございます」と書かれていたら、実際綺麗に使おうとするのは当然ですよね

 

参考にした本☞伝え方が9割

 

読者を行動する読者に変える方法

これから何を学ぶのか使える

☞「何を学ぶか」について伝えることで、受け手の頭が切り替わります

 

それを学ぶ目的・背景を伝える

☞受け手の学ぶ意欲が向上し、浸透しやすくなります

 

どう使うのかやって見せる

☞受け手が自分で実行しているイメージを持たせ、行動に繋げることができます

 

参考にした本☞あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法

なぜ無料なの?

この本は期間限定で無料入手(送料は550円)できるマーケティングの本です。

無料なのに、稼ぐために何をすべきかという情報が山盛りです。

この本が無料なのは、一部の本を広告代わりにして、高収益なセミナーなどで回収しているからです

本の内容自体は本当に有益な情報が多いので、セミナーの勧誘情報などを無視(ブロック)してしまえばメリットしかありません

 

今回は2冊の本から、重要なエッセンスを抽出してお届けしました!

この記事にたどり着いた時点で、あなたのやる気はかなり高いと思われるので、一緒に頑張りましょう!

 

スポンサーリンク

⚠マーケティング本が無料で手に入るのは期間限定です

通常ならば2980円で販売されている本が無料(送料込みでも550円)で手に入ります

無料期間がいつ終了するかは分からないので、興味がある方は早めに入手しておいてくださいね!

The following two tabs change content below.
昔から人と同じことをするのが嫌いなせいで、友達の数が少ないまま成長/1人の時間が好きなおかげで、勉強やブログなどのコツコツ系が得意になる/ブログを始めて11か月で月6万PVというラインへ到達/詳細プロフィールはGoogle+ マークをタップ!