【超初心者向け】Coincheckでチャート(値動き)の見方を徹底解説!

オススメ取引所はこれだ!!

Coincheck初心者向け!】

Zaif積み立て投資!】

Binance世界最大の取引所!】

Coincheckで仮想通貨を購入した後は、やっぱり値動き(チャート)が気になりますよね。

購入した時より高くなっているのか、安くなっているのか、というのは常に気になることだと思います。

しかし投資を始めたばかりの人であれば、値動きの正しい見方をご存じないことも多いと思います。

正しいチャート(値動き)の見方を知らなければ、急激な値下がりに対処できず大きな損失を出してしまう恐れもあります。

 

そこで今回は、「チャートの正しい見方」について徹底解説します!

 

スポンサーリンク

①左上のメニューから「チャート」を選択する

 

すると各仮想通貨の値動きを見ることができます

その後は、値動きをみたい仮想通貨銘柄を選んでください。

 

 

 

②表示の変更

 

続いて、チャートの表示方法を選択します。

画面上部に水色のゾーンがありますよね。そこに真ん中にある数字をタップすると、表示方法を選ぶメニューがでてきます。

表示方法は、「線チャート」「ローソク足」から選ぶことができます。

 

線チャート

 

こちらの「線チャート」は、値動きを簡易的な折れ線グラフで表示したものです。

こちらを見れば、仮想通貨価格の上下(値動き)が体感的に把握できると思います。

「本格的な分析などはやる気がなくて、ただ値動きだけを把握したい」と考えている方は、この「線チャート」で十分です。

 

ローソク足

 

こちらの「ローソク足」は、株式のチャートなどでも使用される本格的な値動きを表すものです。

赤色と緑色の長方形が、ローソクみたいに見えることから「ローソク足」と呼ばれています。

 

緑色のローソク足は陽線と呼ばれ、一定期間内に価格が上がったことを示しています。(値上がり)

赤色のローソク足は陰線と呼ばれ、一定期間内に価格が下がったことを示しています。(値下がり)

 

ローソク足が持っている情報を図でまとめました。

 

緑色・赤色のローソク足に共通するものとして、上下に飛び出した線を「ヒゲ」と言います。

上に飛び出したヒゲの頂点が「一定期間内の最高値」を表しており、下に飛び出したヒゲの頂点が「一定期間内の最安値」を表しています。

 

一方、緑色のローソク足と赤色のローソク足で異なる点もあります。

それは長方形の上側と下側が表す情報です。

緑色のローソクでは、下側が始値(一定期間の開始時点での価格)、上側が終値(一定期間の終了時点での価格)を表しています。

赤色のローソクでは、下側が終値(一定期間の終了時点での価格)、上側が始値(一定期間の開始時点での価格)を表しています。

 

「一定期間内」という単語がでてきましたね。

現時点ではあまり分からないと思うので、以下で期間設定とともにご説明します。

 

スポンサーリンク

③期間の設定

Coincheckでは、設定期間を1day・4hour・1hour・15min・5min・1minから選択することができます。

期間を長くした方が、長期的な視点での値動きを見ることができます。

一方で、期間を短くした方が、短期的な値動きを見ることができます。

 

ここで選択した期間が、先ほどローソク足をご説明した際に出てきた「一定期間内」となります。

つまりローソク1本の高さが値動きを表しており、横幅が時間の長さを表しているのです。

 

1day

 

ローソク足1本1本が、1日内での値動きを表しています。

毎日毎日の値動きが、1本のローソク足に表現されています。

 

4hour

 

ローソク足1本1本が、4時間内での値動きを表しています。

4時間ごとの値動きが、1本のローソク足に表現されています。

 

1hour

 

ローソク足1本1本が、1時間内での値動きを表しています。

1時間ごとの値動きが、1本のローソク足に表現されています。

 

15min

 

ローソク足1本1本が、15内での値動きを表しています。

15分ごとの値動きが、1本のローソク足に表現されています。

 

5min

 

ローソク足1本1本が、5分内での値動きを表しています。

5分ごとの値動きが、1本のローソク足に表現されています。

 

1min

 

ローソク足1本1本が、1分内での値動きを表しています。

1分ごとの値動きが、1本のローソク足に表現されています。

 

④通貨の選択

 

Coincheckでは値動きを表示する際の単位を2つから選ぶことができます。

画面上部に水色のゾーンがありますよね。そこに真ん中にある数字をタップすると、通貨を選ぶメニューがでてきます。

1つは日本円、もう1つはBTCです。

 

日本円表示

 

日本円表示を選択すると、現時点で各通貨が有する価値を日本円単位で表示します。

値動きも、日本円換算した際の価値の変動を表しています。

 

BTC表示

 

BTC表示を選択すると、現時点で各通貨が有する価値をBTC単位で表示します。

値動きも、BTC換算した際の価値の変動を表しています、

特にこだわりがないという方は、「日本円表示+線チャート+15min」という設定が見やすくてオススメです。

 

次回⇒総資産を確認する方法

Coincheck取扱説明書

 

⚠仮想通貨取引所は絶対に複数登録しておく必要があります!

 

まだ仮想通貨取引を始めたばかりの人であれば、おそらく登録している仮想通貨取引所は1つだと思います。

しかし、そのままではチャンスを逃す大きな損失を出してしまう恐れがあります。

以下では、絶対に複数の仮想通貨取引所に登録しておくべき理由を解説します

 

(オススメの仮想通貨取引所)

初心者向け+口座開設が素早いCoincheck

 

手数料が安い+積み立て投資のZaif

 

世界最大の取引所+手数料が安いBinance

 

複数の仮想通貨取引所に登録すべき理由

複数の仮想通貨取引所に登録しておくべき理由は、全部で4つあります。

 

①取引所が閉鎖する恐れがあるから

多くの企業や資産家が、複数の銀行口座を保有している理由は、銀行が破綻したときのダメージを最低限に抑えるためです。

もし1つの銀行にしかお金を預けていない状態で、その銀行が破綻してしまうと、一気に一文無しになってしまいます。

しかし複数の銀行に分散してお金を預けていれば、ダメージは破綻した銀行に預けていた金額だけで済みます。

 

これと全く同じことが仮想通貨取引所においても起こりえます。

というより、過去実際にMT.GOXという仮想通貨取引所が破綻しています。

これによって、MT.GOXにビットコインを預けていたユーザーは、大きな損失を被りました。

このような事態を避けるためには、複数の仮想通貨取引所に登録しておく必要があるのです。

 

②裁定取引(アービトラージ)が狙えるから

裁定取引とは、同一の商品が持つ価値が取引所間で大きく乖離している際に、安い方で購入し高い方で売却することで利益を得ることです。

 

例えばCoincheckで1BTC=100万円、bitfFlyerで1BTC=120万円で取引されていた場合

Coincheckで1BTCを購入し、bitfFlyerで1BTCを売却すれば、20万円の利益を得ることが可能になります。

実際、仮想通貨は取引所間で金額が異なっているので、このようなチャンスを逃さないためにも複数の仮想通貨取引所に登録しておきましょう

 

③取り扱っている仮想通貨銘柄が違うから

今のタイミングで仮想通貨取引を行っている方は、おそらく100%投資目的だと思います。

投資を行う上で重視すべきこと、それは投資先商品数を多く把握しておくことです。

投資を行おうとしても、投資できる銘柄を知らなければ大きな利益は狙いにくくなります。

また当然ですが、投資しようと思ったときに投資できる環境でなければ、大きな利益は狙いにくくなります。

 

1つの取引所にしか登録していないと、「この銘柄に投資したい!」と思ったときに行動できない可能性が高まります。

実際、仮想通貨投資に参加する人が急激に増加したせいで、新規登録を制限する取引所も頻発しています。

いついかなる時でも投資を行うためには、前もって複数の仮想通貨取引所に登録しておく必要があるのです。

 

④各取引所が持つ強みが違うから

複数ある仮想通貨取引所には、それぞれが持つ強みがあります。

例えば初心者向けのサービスに特化しているとか、スマホでの操作に特化しているとか、、、

投資をして大きな利益を狙うためには、それぞれの取引所が持つ強みを上手に活かした投資活動を行う必要があります。

そのためにも、複数の仮想通貨取引所に登録しておくことが求められるのです。

 

複数の仮想通貨取引所に登録する際のデメリット

一方で複数の仮想通貨取引所に登録する際にはデメリットも存在します。

とはいっても、そんなに難しいことではなく、単純に「登録にかかる手間や時間が増える」というものだけです。

「投資によって得る利益」よりも、「ちょっとした手間の面倒くささ」の方が勝るという方は、複数登録しないほうがいいでしょう。

しかし、大きな利益を求める場合は、絶対に複数の仮想通貨取引所に登録することをオススメします。

 

絶対に登録しておくべき仮想通貨取引所4選

以下では仮想通貨取引で資産を15倍以上に増やした僕がオススメする「絶対に登録しておくべき仮想通貨取引所」をご紹介します!

 

①Zaif(ザイフ)

 

おすすめポイント

①業界で唯一、積み立て投資ができる

②取引手数料が安い(マイナス手数料もある)

 

仮想通貨を積み立て投資するという、画期的なサービスを行っているのがZaifです。

仮想通貨投資を始めたいけれど、「いつ、どのタイミングで、どの仮想通貨を取引すればいいのか分からない。。。」

そんな方に超絶オススメするのが、仮想通貨の積み立て投資です。

 

積み立てた金額よりも仮想通貨の価値が下がってしまえばマイナスになってしまいますが、基本的に今の仮想通貨市場は成長段階にあるので、マイナスになる可能性は非常に少ないと思われます。

日本円で積み立て投資を行うくらいならば、仮想通貨の積み立て投資をオススメします。

 

またZaifは取引手数料が非常に安く、ビットコインの取引に限って言えばマイナス手数料が課せられています。

つまりZaifでビットコインを取引すればするほど、ビットコインを貰うことができるということです。

これはほかの仮想通貨取引所では見られないサービスです。

 

小さく見える手数料ですが「塵も積もれば山となる」で、後々大きな影響がでてきます。

とりあえず仮想通貨を購入する際は絶対に使用すべき取引所です。

 

しかしZaifは登録者が急増した原因で、登録までに要する時間が非常に長いというデメリットがあります。

仮想通貨投資は、本当に参入タイミングが1日送れるだけでも致命的な損失になる恐れがあります。

とにかく早く仮想通貨投資を始めたいという方は、次にオススメするCoinCheckへの登録も同時に進めましょう!

 

 

②Coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

おすすめポイント

①取引画面が見やすく、初心者向けに特化している

②他の取引所よりも取り扱う仮想通貨の銘柄が多い

③口座開設に要する時間が比較的短い

 

初めて仮想通貨投資を行うという方は、Coincheckから始めるのがオススメです!

Coincheckアプリは、投資初心者でも体感的に理解できる仕様となっており、非常に便利です。

申し込みから口座開設までにかかる時間もかなり短い(最短2日)ので、絶対に登録しておきたい取引所です。

 

 

③Binance(バイナンス)

おすすめポイント

①世界最大の仮想通貨取引所である

②取り扱い銘柄数が非常に多い

③手数料がかなり安い

 

最後におすすめするのが、Binanceです。

ここまでご紹介してきた仮想通貨取引所はすべて日本企業でしたが、このBinanceは中国企業です。

とはいっても、しっかり日本語対応していますのでご安心ください。

何より世界最大の仮想通貨取引所であることを考えれば、登録しておかない手はないでしょう。

 

世界最大の仮想通貨取引所なだけあって、取り扱っている仮想通貨の銘柄数が非常に多いです。

Coincheckが十数銘柄なのに対して、Binanceで取り扱っている銘柄数はなんと100以上!!!

これだけでも、Binanceのすごさが伝わると思います。

 

また手数料も0.1%と非常に安く、Coincheckの手数料約1.5%の15分の1以下!!

仮想通貨はどの取引所で購入しても同じなので、できる限り手数料は安く済ませたいですよね。

そういう点からも、Binanceは絶対に登録しておきたい仮想通貨取引所です。

 

 

どの取引所も、口座開設に必要な手続きはほとんど同じなので、どうせ取引所を開設しておくなら、一気に複数の取引所に登録しておきましょう。

「大きな利益を狙うなら、複数取引所で口座開設」、これが仮想通貨投資のキーワードです。

 

初心者向け+口座開設が素早いCoincheck

 

手数料が安い+積み立て投資のZaif

 

世界最大の取引所+手数料が安いBinance

 

 

>>マサのTwitter(フォローしてね)

The following two tabs change content below.
休学中の大学生(22歳)/受験後やることがなくなったのでブログに全力投球中/だいたいなんでもできます(勉強・運動・料理・音楽etc)/虫だけはNGです/友達は少ないです/詳細プロフィールはGoogle+ マークをタップ!