【コピーライティング】進研ゼミに学ぶ「効果絶大なアフィリエイト記事の作り方」

「もっと稼ぎたい。。。」

ブログを書いている人なら誰もが思うことです

 

もっと稼げるブログを作るためにやるべきこと

それは「効果絶大なアフィリエイト記事を作ること」です

 

そしてその「効果絶大なアフィリエイト記事を作る」ためにやるべきこと

それは「成功者から徹底的に学ぶこと」です

ある業界で成功を収めるためには、成功者の型を丸パクリするのが一番効果的で手っ取り早いです

 

そこで今回は、「王道のコピーライティング」で教育業界を長い間牛耳ってきた進研ゼミの漫画DMから

「効果絶大なアフィリエイト記事」を学んでいきたいと思います

 

スポンサーリンク

進研ゼミの漫画DMに用いられる「王道のコピーライティング」

進研ゼミから漫画DMが届いたことはありますよね

僕も例にもれず定期的に進研ゼミから漫画DMが届きましたが、毎回漫画を読んでいて思ったことは「え?前とほとんど同じやん」ということです

つまり進研ゼミの漫画DMは、王道の型を統一して使っていたということです

ということは、この型が効果絶大だったということを示しているのです

 

以下で進研ゼミの王道展開から、効果絶大なアフィリエイト記事の書き方を学んでいきます

①僕、成功しました

目的
「この記事を書いている僕は、あなたが望んでいる成功をつかみ取りましたよ」と伝え、記事へと惹き込む

この段階では、「この記事を読めば僕も成功できる」と思わせ、読み進めさせることが重要です

 

②でも昔はこんなにダメダメで、、、

目的
「でも本当はもともと成功できる素質があったんじゃないの?」という疑いの目を読者から取り払う

この段階では、「記事の執筆者も昔はダメダメだったんだ!」と思わせ、自分でも成功できると思わせることが重要です

 

③成功にはこんなハードルが、、

目的
自力で悩みの解決に奔走したが失敗してしまった過去を見せ、自力ではなかなか難しいことを伝える

この段階では、正しい努力の過程に商品の使用があったことを匂わせることが重要です

 

④逆算してスケジュールを立てよう

目的
成功までのタイムリミットを意識させ、読者に行動を促す

この段階では、成功するために残された時間が残りわずかであることを認識させ、素早く成功するための方法があることを匂わせることが重要です

受験や資格などの場合は基本的にタイムリミットがありますが、仮想通貨の購入など「タイムリミットがない案件」を扱う場合は、こちら側で仮のタイムリミットを作ってしまいましょう

 

⑤〇〇ならあなたに合わせたやり方が!

目的
「紹介した商品を使ったことで僕は成功することができました」と伝え、商品の存在を明らかにする

この段階では、商品の存在と、商品の効果を伝えることが重要です

 

⑥その他メリット列挙

目的
商品の詳細を伝え、購入したほうが良い理由を説明する

この段階では、商品を購入したほうがいい理由を伝え、読者に納得してもらうことが重要です

ちなみに、人が購入を納得するためには3つ程度のメリットが必要だと言われています

 

⑦成功者の声

目的
執筆者以外にも、この商品を使って成功した人がいることを伝え、効果に普遍性があることを伝える

この段階では、再び「本当はもともと成功できる素質があったんじゃないの?」という疑いの目を読者から取り払うことが重要です

ネット通販やテレビの通販番組、ダイレクトメールなど、どんなビジネスにも成功者の声は掲載されています。

それだけ効果が高いということですね

 

⑧合格したらこんなことが!

目的
合格した後の自分の姿を見せ、合格したらどれだけ幸せになれるかを伝える

この段階では、成功することが他人事ではなく自分事であると認識させることが重要です

 

⑨今ならお得!

目的
購入する理由を納得させた後に、最後の一押しをする

この段階では、「期間限定」や「今ならお得」などの言葉によって、素早い行動を促すことが重要です

 

コピーライティングの土台にあるもの

ここまで進研ゼミの王道コピーライティングから、「効果絶大なアフィリエイト記事の作り方」を学んできました

しかし、コピーライティングのHow(どのように書くか)という、上辺だけを真似しても、残念ながら効果は出ません

なぜならコピーライティングは、徹底したマーケティングの土台の上にしか成り立たない[/keikou]からです

 

以下では進研ゼミの漫画DMから、マーケティングを徹底することの重要性を学びます

進研ゼミのマーケティング

進研ゼミが漫画DMでここまで成功を収めたのには、徹底したマーケティングがあります

[keikou]マーケティングとは、言い換えると「ターゲット」×「提供価値」のことです

 

<strong>進研ゼミのターゲット
勉強と部活を両立したい普通の子ども

ここで重要なのは、親世代をターゲットに設定していないことです

もし親世代をターゲットに設定していれば、間違いなく進研ゼミは成功できなかったでしょう

 

王道展開で進むストーリーを見て、一番心が動かされるのは子どもです

進研ゼミの漫画でも、最後には「さあ、お母さんに頼んでみよう!」と書いてあります

これは明らかにターゲットが、「勉強と部活を両立したい子ども自身」であることを示しています

ターゲットを子どもに設定し、子どもから「お母さん、進研ゼミやらせて!」と言わせることで、間接的に親世代へと訴求するのが進研ゼミのやり方です

 

進研ゼミの提供価値
塾に通わせるほどではないけど、周りと同じように普段から勉強はさせておきたい親心

子どもから「勉強したい!」と言われて、それを跳ね除ける親がいますか?という話です

進研ゼミが直接「あなたのお子さんに勉強させないと大変なことになりますよ」と言ったら、「放っておいてくれ!」となるでしょう

しかし進研ゼミは子どもを使って間接的に「勉強したい」と言わせているのです

子どもから「勉強したい」と言われれば、それがいつまで続くか分からなくてもとりあえず申し込んでしまうのが、親心ではないでしょうか

 

「ターゲット×提供価値」を徹底的に意識する

このようなマーケティングの土台があったうえで、進研ゼミの王道コピーライティングが存在します

コピーライティングによって行われていることは、「子どもに勉強したいと言わせる」アクションの促進です

その前段階には、子どもから「勉強したいと言われたら断る親はいないだろう」というマーケティングがあります

 

重要なのは「子どもから勉強したいと言われたら断る親はいない」というマーケティングの部分です

つまり「ターゲット」と「提供価値」が徹底して磨き上げられているからこそ、王道のコピーライティングが効果を持つのです

 

進研ゼミから学べること、それは

効果絶大なアフィリエイト記事の作り方には「ターゲット×提供価値」の認識が必要不可欠であるということです

コピーを書く前に、「ターゲット×提供価値」を磨いてマーケティングを行うことこそが、本当に重要なことなのです

 

スポンサーリンク

では具体的には何をやればいいのか

これは簡単です。コピーライティングとマーケティングの関係性を、より深く学びましょう

コピーライティングを学ぶということは、マーケティングを学ぶということに等しいのです

 

そこでオススメしたいのが、コピーライティングとマーケティングをしっかり区別して勉強することができる『最強のコピーライティングバイブル』です

オススメポイント

 

①マーケティングとコピーライティングの違いが分かる

②今までよりも10倍速く、10倍濃密な売れるコピーが書けるようになる

③「理解する⇒使ってみる⇒成果を上げる」というステップを踏むことができる

 

 

僕自身、この本を読み始めてから明らかに書く記事の質が高まっています

そして何より稼いでいる人がこれをオススメしているのです。これは間違いないでしょう


迷っている暇があったら買いましょう。そして稼ぎましょう

 

The following two tabs change content below.
休学中の大学生(22歳)/受験後やることがなくなったのでブログに全力投球中/だいたいなんでもできます(勉強・運動・料理・音楽etc)/虫だけはNGです/友達は少ないです/詳細プロフィールはGoogle+ マークをタップ!