子どものYouTube依存・見すぎ問題を解決する方法

「子どもがYouTubeばっかり見てて心配…」

「YouTubeばかり見て、勉強しなくなったらどうしよう…」

こんな悩みを抱えているお母さん、お疲れ様です

 

最近では、テレビよりもYouTubeの方が好きな子どもも多くなっているそうです。

たしかに、子どもが興味を持ちそうなチャンネルも多いですから、そうなるのも理解できます。

でも、なんだかんだ言ってYouTubeばっかり見ていると心配ですよね…

 

スポンサーリンク

子どもにYouTubeを見せる親の気持ち

子どもにYouTubeを見せる親の気持ちは、だいたいこんな感じです。

 

子どもがゴネて困ったときは、とりあえずYouTubeを見せれば静かになる

子どもがYouTubeを見ている時間は、自分だけの時間ができる

 

これはネット上の悩みをみたり、僕の親戚を見ていて感じたことです。

おそらく、だいたいこんな感じだとおもいます

 

YouTubeも使い方次第では有益なはず

こう見ると、YouTubeも使い方次第では有益だと思うんですよね

実際に、お母さんの負担を軽減させる効果があるわけですからね!

なかなか自分1人の時間が作れないから、子どもにスマホを渡してYouTubeを見せておく。

これは、1つの手段としてはアリだと思います

 

後は、工作の動画とか英語の動画だったら、教育上もいい影響がありそうですしね。

要するに、YouTubeも使い方次第ってことです

 

スポンサーリンク

それでも子どもにYouTubeを見せるリスクはある

とは言っても、やっぱりYouTubeばっかり見せることには、心配が付きませんよね

 

長時間見すぎると、何も手につかなくなる

まず、長時間YouTubeを見すぎると、「YouTubeを見ること」そのものに依存してしまう可能性があります

ヒカキンの動画が面白いからYouTubeを見るんじゃなくて、YouTubeの動画を見ながらボーっとするのがクセになっちゃうかんじですね

「とりあえずYouTubeが見たい…YouTube…」みたいな感じになると、もう他のことには手がつかなくなります

こうなっちゃうと、やっぱり集中力も落ちていくので、長時間視聴は避けた方がいいですね

 

暴力的・性的な動画がある

また、YouTubeでは、暴力的な動画や性的な動画も数多くあります

親が知らない間に、子どもが暴力的な動画にたどり着いてしまう可能性も十分にあります

子どもは吸収力が高いので、知らない間に暴力的な言葉を使い始めてもおかしくありません。

実際、子どもがYouTuberの話し方をマネしはじめた、という事例もあるようですし。

となると、YouTubeを見せるにしても、見れるコンテンツを制限しておきたいのが親心ですよね

 

子どもにYouTubeを見せるなら、リスク対策をしてから

このように、子どもにYouTubeを見せるのは、やはり多少のリスクがあります

なので、YouTubeを便利な道具として利用していきたいなら、リスク対策をしておくのが必要不可欠です

 

・YouTube Kidsなら時間制限・コンテンツ制限ができる

YouTube Kidsというアプリを使えば、YouTubeを視聴できる時間を制限したり、大人向けコンテンツを制限することができます。

とりあえず、子どもにYouTubeを見せるなら、YouTube Kidsをダウンロードしておくのが必要不可欠ですね

一度アプリをダウンロードしちゃえば、今後は子どもがYouTubeを見ることに気を使わなくて済みますから、オススメですよ!

 

・「移動時間しか見ない」などのルールを設ける

アプリのダウンロードが面倒なら、「移動時間しか見ない」、「お昼寝前にしか見ない」などのルールを設けるといいですね

YouTubeを見すぎる根本的な原因って、終わりがないことなんですよ。

テレビ番組なら、どれだけ面白くても30分とか1時間で終わりますけど、YouTubeって見ようと思えば一生見られるんですよね

これが、見すぎてしまう原因なので、ルールを作るのは重要です

 

・タブレットやスマートフォンの放置をなくす

あとは、子どもが勝手にYouTubeを見れる環境をつくらないのも重要です

スマホやタブレットの操作は、大人より子どもの方が上手ともいわれていますから、その辺に放置していたら自分で見始めてしまうかもしれません

タブレットは子どもが触れないところで保管して、スマホも常に持ち歩くようにするなど、環境づくりも取り組みましょう

 

・特定のYouTuberをチャンネル登録して、それしか見せない

YouTubeにはチャンネル登録という機能があります

登録したチャンネルだけを視聴させることも可能ですから、子どもの教育上よさそうなチャンネルだけを登録しておくのもアリですね

 

それでも子どもにYouTubeを見せるのが心配なら

ここまでYouTubeのリスク対策を紹介してきました。

でも、それでもまだ心配というお母さんもいると思うんですよ。

そんな方のために、別の対策を紹介しておきます

 

DVDなどをレンタルして、それを見せる

まずは、こっちで選んだDVDを見せてあげるという策です

教育関連のDVDも数多くありますし、DVDの方が内容はしっかりしているので、安心できますよね

あとは、DVDだと終わり時間が決まっているというメリットもあります

 

プライムビデオなど、テレビアニメしか流れない動画サービスに登録する

YouTubeと同じ動画配信サービスだと、プライムビデオがおすすめです

プライムビデオは、Amazonの動画配信サービスで、年3900円で動画が見放題になります。

ドラえもん、ゲゲゲの鬼太郎、トーマス、など、教育上の心配がいらないシリーズも見放題なので、安心感はすごいと思います

スマホでも見れて手軽なので、「子どもがゴネたときにアニメ1本分だけ見せる」みたいにルールをつくれば、見すぎの心配もないですし!

 

 

プライムビデオの特徴

・月325円

・3万本を超える映画やアニメが見放題

・テレビアニメも多く、高品質な動画を楽しめる

 

 

あわせて読みたい
プライムビデオについて詳しく知りたい方へ

Amazonプライム会員になったら何ができるの?

The following two tabs change content below.
昔から人と同じことをするのが嫌いなせいで、友達の数が少ないまま成長/1人の時間が好きなおかげで、勉強やブログなどのコツコツ系が得意になる/ブログを始めて11か月で月6万PVというラインへ到達/詳細プロフィールはGoogle+ マークをタップ!