コインチェック(Coincheck)の送金手数料を日本円換算! 仮想通貨:全11種類

《送金手数料が低い取引所ランキング》

【1位】GMOコイン〈送金手数料がタダ!〉

【2位】DMM Bitcoin〈アプリが使いやすい!〉

【3位】Zaifビットコインを取引するたびに手数料が貰える!

 

コインチェックの送金手数料を日本円換算しました!

コインチェックが取り扱っている全通貨に対応しているので、ご確認ください!

スポンサーリンク

コインチェックの送金手数料(仮想通貨建て・日本円建て)

※2018年4月14日時点のレート

銘柄 手数料(仮想通貨建て) 手数料(日本円建て)
BTC(ビットコイン) 0.001 約 857円
ETH(イーサリアム) 0.01  約 537円
ETC(イーサリアムクラシック) 0.01  約 17円
LSK(リスク) 0.1  約 106円
FCT(ファクトム) 0.1  約 28円
REP(オーガー) 0.01  約 31円
XRP(リップル) 0.15  約 10円
ZEC(ジーキャッシュ) 0.001  約 24円
LTC(ライトコイン) 0.001  約 13円
DASH(ダッシュ) 0.003 約 117円
BCH(ビットコインキャッシュ) 0.001 約 79円

参考:コインチェック(手数料)

送金手数料⇒仮想通貨を送る際にかかる手数料

(出金手数料⇒日本円を出金する際にかかる手数料とは異なるので注意)

 

送金手数料が低い通貨ランキング(日本円換算)

1位:リップル(XRP)

2位:ライトコイン(LTC)

3位:ビットコインキャッシュ(BCH)

 

送金手数料はできる限り安い方がお得に送金できます

仮想通貨をコインチェックから送金する必要がある場合は、上記3銘柄を購入してから送金するのがオススメです!

 

送金手数料が高い通貨ランキング(日本円換算)

1位:ビットコイン(BTC)

2位:イーサリアム(ETH)

3位:ダッシュ(DASH)

 

やはり主要な仮想通貨ほど、送金手数料は高くなるようですね…

別の取引所やウォレットに送金するなら、これらの通貨以外で送金するのがオススメです!

 

送金手数料が安い(低い)取引所ランキング

仮想通貨の送金手数料が安い取引所をランキング形式にしました!

今後も仮想通貨に投資し続けるなら、送金手数料が安い取引所に登録しておくのは必須と言えるでしょう!

今回は主要な通貨4種類(BTC,ETH,XRP,LTC)についてランキングをつくりました!

 

ビットコイン(BTC)

順位 取引所 手数料 公式ホームページ
1位 Zaif 0.0001~ 詳細
2位 GMOコイン なし 詳細
3位 bitFlyer  0.0004BTC 詳細

 

Zaifは送金手数料が安いのも売りですが、なによりビットコインを売買したときの手数料がなんとー0.01%

マイナス手数料、つまりZaifでビットコインを売買すればするほど、ビットコインが貰えちゃうんです!!

普通の取引所なら売買するたびに手数料を支払う必要がありますから、ビットコインを取引するならZaifに登録しておくことは欠かせませんね

減るはずなのに増えた手数料が、のちのち大化けする可能性も十分あります

 

イーサリアム(ETH)

順位 取引所 手数料 公式ホームページ
1位 GMOコイン  なし 詳細
2位 Zaif  0.1% 詳細
3位 DMM Bitcoin 0.001ETH 詳細

 

GMOコインは、どの通貨でも送金手数料が無料です

仮想通貨ってかなり頻繁に送金するものですから、送金手数料がタダなのはかなり嬉しいです

本来かかるはずだった手数料が浮いた分は、趣味に回しちゃいましょう!

 

リップル(XRP)

順位 取引所 手数料 公式ホームページ
1位 GMOコイン なし 詳細
1位 DMM Bitcoin なし 詳細
3位 bitbank 0.15XRP 詳細

 

DMM Bitcoinは、リップルの手数料が無料です

リップルは、与沢翼さんが推しに推している通貨なので、チェックしておきたい通貨です

 

ライトコイン(LTC)

順位 取引所 手数料 公式ホームページ
1位 GMOコイン なし 詳細
1位 DMM Bitcoin なし 詳細
3位 Coincheck 0.001LTC 詳細

 

GMOコインDMM Bitcoinなら、ライトコインの送金手数料もタダ!

ライトコインは送金スピードが早く、決済用通貨として頻繁に利用されます

今後も決済用通貨として送金され続けるでしょうから、送金手数料が無料のGMOコインDMM Bitcoinに登録しておくのは重要です

決済するたびに手数料がかかるのは馬鹿らしいですもんね(笑)

どちらか迷ったら、審査が素早いGMOコインをオススメします!

 

スポンサーリンク

コインチェックからハードウェアウォレット送金して、資産を安全に管理する

コインチェックから580億円分のNEMが流出した騒動は、まだ記憶に新しいですよね

コインチェックは、騒動が起きた後、仮想通貨の売買や送金を停止しました

しかし最近になってようやく、一部の仮想通貨が売買可能になり、送金も可能になりました

 

このような騒動に巻き込まれる可能性があるのは、コインチェックに限った話ではありません

根本的には、コインチェックなどの仮想通貨取引所に資産を置きっぱなしにすることが危険なんですよね

 

あの騒動が起こってから、ハードウェアウォレットが爆発的に売れました

ハードウェアウォレットというのは、インターネットから完全に切り離されたウォレットのことです

つまり、仮想通貨が不正に流出するおそれがないウォレットなんです

今後も仮想通貨を保有し続けるのであれば、絶対にハードウェアウォレットに仮想通貨を移動させることをオススメします

 

でも仮想通貨を移動させるのも面倒なんでしょ?

いいえ、そんなことはありません

コインチェックから別の取引所に送金するのと同じやり方で、資産を安全な場所に保管することができるので安心してください

 

というか、ハードウェアウォレットに資産を移動させるのすらできないのなら、仮想通貨を保有し続けるのは辞めた方がいいです

仮想通貨の価値がもっと高まり、価格も高騰していくと考えて保有し続けるのなら、ハードウェアウォレットを購入しましょう

それが、今回のコインチェックのような騒動に巻き込まれない唯一の方法です

ハードウェアウォレットの代表としてLedger NanoS があげられます

利用方法などは公式ホームページで確認してください

 

通貨の対応表

銘柄 Ledger NanoS
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
LSK(リスク) ×
FCT(ファクトム) ×
REP(オーガー) ×
XRP(リップル)
ZEC(ジーキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
DASH(ダッシュ)
BCH(ビットコインキャッシュ)

 

Ledger NanoS は2万円程度で入手できます

2万円!?高すぎだろ!!

 

たしかに高いと思います

でもこれで自分の資産を守ることができるんですよ?

またコインチェックみたいな騒動に巻き込まれるのか、2万円を投資して資産を守るのか

投資額が10万円を超えているなら、利用することをオススメします

The following two tabs change content below.
休学中の大学生(22歳)/受験後やることがなくなったのでブログに全力投球中/だいたいなんでもできます(勉強・運動・料理・音楽etc)/虫だけはNGです/友達は少ないです/詳細プロフィールはGoogle+ マークをタップ!