大学のフリーWiFiの通信速度が遅い原因&対処法まとめ

「大学のWiFiって遅いよね…」

「大学のWiFiが遅いんだけど、何か改善策はないの?」

 

こんな悩みを抱えているアナタのために、大学のWiFiが遅い原因&改善策をまとめて記事にしました!

4分くらいでサクッと読めるので、最後まで付き合ってください!

 

スポンサーリンク

大学のフリーWiFiの通信速度が遅い原因

大学のフリーWiFiの通信速度が遅い場合は、以下の原因が考えられます

 

①電波の発信場所から離れている

大学は敷地が広いので、場所によって電波の強さが違います。

基本的には敷地全域にWiFi回線が通っているはずですけど、どうしても電波の弱いところでは通信も遅くなります

電波の本数が少ない場合は、利用場所を変えてみましょう

 

②同時接続している人数が多すぎる

WiFiは、同時接続する人が増えれば増えるほど、通信速度が遅くなっていくんですよね。

 

例えば、銭湯とかでみんなが蛇口を一気にひねったら、お湯はちょっとしかでてきませんよね。

あれと同じことがWiFi回線でも起きてるってことです。

 

例えば大講義室とかだと、たくさんの人が一気に接続するので、WiFi回線がめっちゃ遅くなりがちです。

僕の大学では、ある程度の人数が利用したら制限がかかって、接続すらできなくなります(笑)

 

大学のフリーWiFiを使うときの注意点

大学のフリーWiFiを使ってWebサイトを閲覧するときの注意点をまとめました!

 

SSL化されたサイトだけを閲覧する

SSL化されたサイト=(https://~~~)です。

https://~~のサイトの場合、サイト自体が暗号化されているので、より安全性が高まります。

逆に、http://~~のサイトの場合、サイト上で入力した情報が悪用される可能性もあります。

個人情報やパスワードを入力するときは、サイトがSSL化されているかチェックしましょう。

 

パスワードや個人情報等を入力しない

ここまでやっても、結局のところ自分専用の回線をつかうよりもリスクがあります。

誰でも利用できるということは、悪意がある人でも利用できるということ。

フリーWiFi上で入力した情報をこっそり抜かれて悪用されるリスクはあります。

無料のWiFiを使ったせいで、クレカを悪用されて大損するのは馬鹿らしいですよね(笑)

 

スポンサーリンク

課題やレポート作成に支障をきたすなら、自分専用のポケットWiFiを考えよう!

大学のWiFiが遅いせいで、課題やレポート作成に支障をきたすのなら、自分専用のポケットWiFiを検討しましょう。

 

自分専用WiFiのメリット① 「通信速度が速い」

自分専用のポケットWiFiを使えば、通信速度がかなり早くなるので、仕事がはかどります。

 

カフェのフリーWiFiって、いつ使っても通信速度が遅いですよね?

あれは、同時にたくさんの人が回線を使ってるのが原因です。

下調べをしたり記事を更新するときになかなか進まないと、腹立ちますよね。

 

その点、ポケットWiFiを持てば早い通信速度の回線が使えるので、作業がはかどります。

 

自分専用WiFiのメリット② 「セキュリティが万全」

ポケットWiFiは自分しか使わない回線なので、セキュリティ上のリスクがほぼありません。

個人情報とかを入力しても、他人に悪用される可能性は低いんですよね。

 

フリーWiFiを使うと、情報悪用のリスクがあります。

もし情報を悪用されたら、それに対応して時間を割かないといけませんし、金銭的な損失がでる可能性もあります。

普段の生活にも影響するので、リスク対応みたいな無駄なことはできるだけ避けたいです。

 

自分専用WiFiのデメリット 「お金がかかる」

ポケットWiFiの唯一にして最大のデメリットは、お金がかかること。

これまで見てきたメリットを全て覆すほどの大きなデメリットです。

ちなみにポケットWiFiの相場は、月4000円程度です。

 

たまにしかカフェのフリーWiFiを使わないなら、わざわざポケットWiFiを購入するのはもったいないですね。

でも、仕事や課題で頻繁に使っているのなら、自分専用のポケットWiFiを検討すべきです。

なんだかんだで、お金より時間のほうが大切ですからね。

 

僕のおすすめは、業界最安級のBroadWiMAX

メリット① 無制限に使い放題

Broadwimaxなら、月額利用量に制限は実質ありません!

厳密には、3日間で10GBを使ったら翌日の18~26時まで通信制限がかかっちゃいますが、ほぼあり得ないので無視して大丈夫です。

僕も半年くらい使ってますが、1度も引っかかったことはありません。

 

他のポケットWiFiなら7GBで3000円とかなのに、BroadWiMAXなら無制限に使えて3411円ですからね(笑)

さすがにオトクすぎて、他を考える気になりません

 

メリット② 月額料金がかなり安い

Broadwimaxは、ポケットWiFi会社のなかでも、最安級の値段設定が売りです。

厳密にいうとBroadWiMAXよりお得な会社は2つくらいあるんですが、いろいろ手続きをしてキャッシュバックをもらわないといけないんですよね。

 

その点、BroadWiMAXは面倒なキャッシュバックをする手間を省いて、それを月額料金から割り引いてくれるので親切です。

Twitterでも、キャッシュバックを受け取り忘れた人の嘆きを頻繁に見るので、不安な人はBroadWiMAXを使うのがオススメです。

 

キャッシュバックを間違いなく受け取るから、一番安い会社がいい!

という人には、業界最安のGMOとくとくBBがオススメです。

サービス内容自体はどこの会社も変わらないので、最後は値段で決めましょう。

 

デメリット キャッシュバックがない

先ほども言いましたが、キャッシュバックがないのがBroadwimax唯一のデメリットです

業界最安のGMOとくとくBBなら、時期にもよりますけど3万円くらいのキャッシュバックキャンペーンをやってます。

一気に3万円が帰ってくるのは嬉しいですよね。(その代わり、月額料金は高めに設定されてる)

トータル料金で見ると、BroadWiMAXはかなり安いほうではあるんですが、最安ではないです。

絶対にキャッシュバックを受け取るから、最安で使いたい!

という人は、GMOとくとくBBを使うのが一番お得なのでオススメです。

The following two tabs change content below.
休学中の大学生(22歳)/受験後やることがなくなったのでブログに全力投球中/だいたいなんでもできます(勉強・運動・料理・音楽etc)/虫だけはNGです/友達は少ないです/詳細プロフィールはGoogle+ マークをタップ!